[みなぴよ] GAZOO Racing Netz Cup Vitz Race 2020 北海道シリーズ 第2戦

8月2日(日)に開催された GAZOO Racing Netz Cup Vitz Race 2020 北海道シリーズ 第2戦 に、MIDLAND PRO がサポートするみなぴよ選手が参加し、見事3位を獲得しました!!

レースの様子をご紹介してますので、ご覧ください!!

Race Reports

レースレポート

前日練習

1本目は色々と考えていた走りを頭に入れて走っていましたが、タイヤ作りをしていたにもかかわらず、46秒台がバンバン出て、周りで速い方が走っていないのもあり、おそらくトップタイムでした。

2本目は、ネッツ札幌竹山さんに出発前の不具合を治してもらいつつ、4輪新品パットに交換したため、10分くらい当たりをつけて慣らしながら、アタックを開始。

又、止まらなくなったときのトラブルを避けるため、誰もいない場所でコースインしました。

1本目の悪いところを治しながら走行しましたが、ここで疑問点が出てしまい、多分これかな? と思って走った走りが間違いで、タイムも伸びず47秒台でした。

3本目は、このまま終わろうか迷いましたが、せっかく課題が出てきたので、確認も含めタイヤの溝がなく、タイムは期待できないけど、車のコントロールはできるので、課題と疑問点の復習をし、走行。見事改善することができました。

夜はいつものカニ大将へ、今年もよろしくお願いいたします。

予選前

車検場でリアガラスに貼られていたステッカー類を剥がさないと NG と言われてしまい、車検が通らず。その場でスクレーパーで削りな がらなんとか合格しました。

ディーラーで買った時のステッカーすらだめだそうです。オフィシャルの方が一緒になって、剥がしてくれました。ありがとうございます。

予選

車検の最中にブリーフィングになり、車から離れてしまったため、無事合格したのかがわからず、若干メンタルが不安定になり、力が入りすぎてしまい、さらにはグリップするタイヤで走ったため、昨日の動きができているのかがわからず、焦ってドツボにはまります。

どんどん悪い走りになり悪循環、せっかくできているのに、焦りから自ら失敗をしてタイムも出ず。最終ラップでは8位まで落ちてしまい過去最低順位になってしまいました。

昨日の走りができればタイムもきっと戻ります。頑張ろうと思いつつ、下りに下がったためかなりへこんでいましたが、ピットにいたら、グッドイヤー賞を受賞とのことで、記念撮影を受けました。

少し元気が出ました。ただでは帰りません、決勝は絶対トロフィーを持って帰ります。

毎回十勝は4〜6位が多く、表彰台に中々上がれなくてモヤモヤしている中、表彰台常連の橋本選手が引退したため、なにがなんでも3位に入りたいと思い挑みました。

ポールポジションの赤堀選手に、隣に行くから待っててと挨拶をしてコースイン。400戦の記念撮影をしたのち、いよいよ決勝です。

スタートから1周で3台は抜かす事と、いつも周りのプッシュにびびって引いてしまうため、絶対にアクセルを抜かないで、前に行くと宣言して、いざグリッドへ!

決勝

スタートが決まり1コーナーまでに左2台(7位と5位)を抜かしつつ、インから飛び込むと違和感を感じると、目の前に本間選手 (3位) と佐久間選手 (2位) の車が少し横を向いています。

スピンか? 接触か? と思いましたが、アクセルは抜かず落ち着いてすり抜けます。ここで4位に浮上しましたが、後ろも抜けてきてまだまだ接近戦です。

下地選手がコーナーでよろめき、不安定になっていて、ぬかすのを一瞬ためらったら離れてしまったので、ここはベタ漬けして、一瞬のスキをつくしかない。

しかしあまり様子を見ると1〜2位に離される。と、焦りましたが、予選で焦って怒られたのを思い出し、まだ11周もある。きっと隙はあると言い聞かせ追いかけます。

なんとなく近づくコーナーを見つけたので、追突覚悟で思い切ってコーナーに入り、立ち上がりで追いつきしっかりとスリップを使い抜かします。

ここで3位に浮上。そうすると後ろが気になります。ストレートでスリップに入られベタ漬けされますが、並ばれないのでそこまで来れない? と判断し、落ち着いて自分のラインで走ります。

後ろが左右に揺さぶってきましたが、追いつかれないので、焦らずミスをしたら抜かれると思い、気になるけど気にしない様に走ると、少しずつ離れます。

4周くらい走行していると、スリップ圏外になったのか、ストレートでも距離ができてきたので、少し安心しつつ、今度は前だけを見ます。

決勝と思わず焦らず。練習・復習をしている様に走り、各コースの課題を喋りつつ、独り言を言いながら走ると、力が抜けて。ミスも全くしませんでした。

結果3位でチェッカー、車内で喜びまくりました。

久しぶりの表彰台で、赤堀選手や阿部選手に会いました。隣に来れたでしょ? って笑いながらの表彰台は有言実行できて嬉しかったです。

だめなところをメモに書き、常に読み上げて走った事、自分を信じて走った事、信じる走りができたのはアドバイザーからのアドバイスがあったからです。

昨年も茂木もメンタルの弱さから、順位を落としているので、久しぶりにたくさん順位をあげたねと喜んでくれてふと、たくさん順位あがった!? そうです、なんとジャンプアップ賞 (決勝中一番順位を上げた選手) まで受賞しました。

まさかのトリプル受賞。予選が悪かったのは悔やみますが、もしかしたら予選上位にいたら、接触に巻き込まれたり、順位を落としていたかもしれません。

しかし下位にいたら本来表彰台は狙えません。でも絶対に3位に入り、昔からここ十勝で走っているから絶対に負けたくない。

常連の1人が抜けたその場所は自分だ。という気持ちが繋がり結果につながったと思います。

こんなパーフェクトなレースは2度とないと思いますし、凄く嬉しいです。皆さんの応援やご協力のおかげです。応援のメールも沢山いただき、お守りなどのおかげです。

北海道でも1人じゃないと思えました。本当にありがとうございます。次回は表彰台常連になれる様に、上位を目指して頑張ります。

最近の走りや走る考えなどをしっかりと確認し、成長をしていると褒められましたので、それを全てのサーキットでもできる様になり安定した走りができ、ここぞの時に出せる様に頑張ります。

最後になりましたが、いつも支援して頂いております、株式会社アドヴィックス様、ふじよしだ振興財団様、SRファクトリー様、ネッツトヨタ愛知様、ペトロテック有限会社様、リキテック様、R’S DESIGIN様、菱木レーシング様、タイメー様、オートモデラーズカフェ様、クリスタルボディ横浜様、T.M.WORKS様、株式会社シロマ様、LoveDrive様、EMCエンジニアリング様、有限会社アールエーシー様、熱中対策水様、現地、地元で応援して頂いた皆様、本当にありがとうございました。

引き続き応援・ご指導・ご協力宜しくお願いいたします。

大会名

GAZOO Racing Netz Cup Vitz Race 2020 北海道シリーズ 第2戦

日時

2020年8月2日(日)

開催地

更別村 (北海道)

サーキット

十勝スピードウェイ (3.405km)

車両名

#8 ADVICS桜織ヴィッツ

タイム

予選:1‘47“086
決勝:1‘46“901

路面状況

予選・決勝:ドライ

レース結果

予選:8位
グリット:8位
決勝:3位

ドライバー

ドライバー:みなぴよ

目標

全シリーズでポイント獲得 (10位以内入賞!) 北海道は表彰台 (3位以内入賞)

Race Reports

みなぴよ選手のレポートについて詳しくはこちら

Race Reports

みなぴよ選手のリザルトについて詳しくはこちら

JMRC HOKKAIDO

GAZOO Racing Netz Cup Vitz Race 2020 について詳しくはこちら

Support Drivers

井上 功選手について詳しくはこちら

ONLINE STORE

オンラインストアはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top